DPZの記事になれなかったネタの供養

大人気おもしろサイト「デイリーポータルZ」で書かせていただくようになってもう7年。これまで200本近くの記事を寄稿しましたが、中には撮影の途中で投げ出し記事化を見送ったネタもあったりします。

 

特に、「検証系」の記事の場合は思うような成果が得られずボツにすることも多い。その失敗談も含めて強引にまとめたり、途中からぜんぜんべつの話にすり替えてお茶を濁すこともありますが、最初に立てた仮説からあまりに狙いが外れてしまうと料理のしようがないわけです。

 

そんな陽の目を見ることなく葬られたネタは今後、当ブログでアウトプットすることにより供養してまいりたいと思います。

■ビールの泡を立てすぎると量が減るんじゃないか説→減らなかったのでボツ

ビールを勢いよく注ぐと、泡が立つ。泡もビールの醍醐味ですが、貧乏性の僕は「泡が多く立つと、そのぶん液体の量が減ってもったいない」と思っていました。(なので、なるべく泡が立たないようグラスを傾けちびちび注ぐようにしていました)


理科のことはよくわからないけど、液体が気化して泡になるわけだから「泡が多い=液体が減る」という理屈で合ってますよね?

 で、検証してみたわけです。


左が豪快に泡立てたビール、右が泡が立たないよう静かに注いだビール。泡がなくなるまでしばし放置し、残った液体の量を比べてみると

うん、一緒だね! そして、このネタはボツ決定だね!

 

というわけで、このネタはデイリーポータルZに掲載されることなく、こうしてネットの掃き溜めに追いやられることになったわけです。チーン!

 

ちなみに、ビールの泡は液体の中に溶けている二酸化炭素が気化したものであり、泡がいくら出ても液体そのものの量が減るなんてことはないようです。

 

まあ、実験やる前に調べれば分かることで、それこそ「ググれカス」ってやつなんですが、基本的にこういうネタをやるにあたって事前に調べたりすることはあまりしません。検索して、もし他に同じことをやっている人がいるのを見つけてしまうと途端にやる気が失せるからです。前例があったとしても知らなければパクったことにはならないと思っているし、デイリーの他のライターさんとのネタかぶりを避けるためにサイト内検索かけるくらいで、個人的にはデイリー内でかぶっていなければOKというスタンスです。

 

ともあれ、これからは心おきなく泡たっぷりのビールを楽しみたいと思います。





  • やじろべえ株式会社

〒101-0061 東京都千代田区三崎町3-10-21 宝栄三崎町ビル603

TEL:03-6272-9215 / FAX:03-6272-9216